未分類

何度だって思う…もうバストなんていらない!

投稿日:2018年6月26日 更新日:


世の中…「貧乳が…」や「胸を大きくする方法!」なんて言葉が多く聞かれますが、胸が大きい人が悩んでないわけはないんです!

胸が大きい人は大きい人で「重い」、「肩がこる」、「前開きのシャツが着られない」、「太って見える」なんてあげたらきりがないくらい悩みなんていっぱいなんです。

私が、特に悩むのは前開きの洋服です。

体格どおりにシャツを買おうものなら前ボタンが閉まらない!

結果何サイズあげるの?って感じなぐらいシャツが大きくなる!胸に合わせるので袖は長いし、見た目は太って見えるし…いいことなし。

そんな風にして選んだシャツなのに…たまたま激しい動きをしたらボタンが飛んでいったなんて数えたらきりがないくらいあります!学生のときからの悩みです。

ここ数年で、そんな悩みに下着業界が気がついてくれて、各社から「胸を小さく見せるブラ」なんてアイテムが売り出されたので、それを着ることでどうにか前開きの服に対応できるようになり、すごく大きなシャツを買わずにすむようになりました。

それでも、下半身と上半身の洋服のサイズ差はあるのでセットで洋服を買うなんて夢のまた夢です。

そして、問題は洋服だけではありません!

季節にも関係します!胸の大きい方が嫌いな季節はきっと夏だと思います!私も夏が嫌いです。

薄着になって男性の目線が…ってのももちろんですが、私はそれよりもキツいのが「汗」だと思います!

谷間に流れる汗も気持ち悪くてキツいですが、下乳と胸の間にかく汗がとにかく気持ち悪い!なんのって気持ち悪い!そして、夏なので痒い!

常に汗をかいているので皮膚が弱かったりするとあせもや湿疹につながるという最悪の事態になります。

本気で、「バストなんていらない!」って感じです!

バストサイズと女性ホルモンの関係について

一般的にバストアップを考えた場合には女性ホルモンを摂取する事が良いとされていて、イソフラボンなどはエストロゲンに似た働きがありますので多くのバストアップサプリメントなどに含まれています。

しかし、バストアップの為の努力を行っている女性の中にはどうして女性ホルモンを摂取する必要があるのか理解できていない方も多く見られます。

なのでその様な方は女性ホルモンを軽視しがちになってしまい、その結果として効率的なバストアップが難しいものになってしまっています。

そもそもバストのサイズを決めているのは乳房の中にある脂肪の量なのですが、バストサイズが大きい方は脂肪の量が多くなりますしバストの小さな方は当然脂肪の量が少なくなっています。

しかし、ただ単に脂肪量を増やそうとして大量の肉類や油分を摂取してもお腹などに脂肪がつくだけになります。

したがってバストを大きくするためには乳房を狙って脂肪量を増やすことが重要になるのですが、この時に女性ホルモンが大きなカギになります。

と言うのも、バストの脂肪と言う物は乳腺の周りに付くと言う特徴がありますので何よりも乳腺の数を増やす必要があります。

その乳腺を増やす働きがあるのが女性ホルモンになっていて、女性ホルモンが体内に増えると乳腺も発達しその周りにつく脂肪量も多くなりそれがバストアップに繋がっています。

ただし女性ホルモンは摂取すればするほど良いと言う物ではなく、用法用量を守らないと婦人科系の病気を引き起こす危険性があります。

なので、女性ホルモンを摂取する際には婦人科の医師など専門家に相談して行う事が推奨されています。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

大きさと形に悩んでいた私が試したバスト補正

私は思春期の頃から自分のバストにコンプレックスを持っていました。 人よりも小さいですし、形も左右の大きさが違っていて、少し離れているような気がします。 なので、下着を購入するときにもサイズを計られたり …

no image

豆乳を飲めばバストは大きくなるのか

ダイエットをしていたら、バストが小さくなったことが悩みでした。 やっぱり女性なので、胸はなくしたくないです。 どうしたら大きくなれるのだろうと色々と調べてみました。 お肉を食べると太ってしまうので、牛 …

no image

補正下着がバストに与える影響や選び方のポイント

一般的に補正下着と言う物は体のラインを整える為に着用されていて、代表的な物にはボディスーツやガードルなどが挙げられます。そしてバストアップやバストを綺麗に見せるためにはバスト矯正ブラが使われるのですが …

no image

バストのあせもに要注意!跡を残さないための対処法とは?

夏は汗による肌トラブルが増える季節でもあります。 汗が原因で起こる肌トラブルと言えば「あせも」ですよね。 特に女性は、胸の谷間や胸の下部分などバスト周辺のあせもに悩んでいる方が多くいます。 どうしてバ …